体の痛みや不調と筋膜の関係

最近は、整体院や整骨院、鍼灸院などをよく見かけるようになりました。肩こりや腰痛といった体の痛みへの施術はもちろん、交通事故治療やむち打ち治療、リハビリ療法、スポーツ整体など、様々なメニューが提供されています。色々なメニューがある中で、筋膜療法をご存知でしょうか。

筋膜とは

筋膜は、骨や筋肉、臓器、血管など、体を構成する様々な要素を包み込んでいる繊維組織の薄い膜です。聞き慣れない言葉だと思いますが、筋膜に支えられることによって体を構成する要素がそれぞれ正しい位置にあるのです。筋膜は、浅い部分の「浅筋膜」、筋肉を直接覆っている深い部分の「深筋膜(筋筋膜とも呼ばれる)」の二層構造になっており、内側から体を支える重要な組織であると言えます。

筋膜の2つの繊維

筋膜は全身に張り巡らされており、皮膚の下にぴったりと合ったひとつながりのボディスーツを着ているようなイメージです。丈夫で柔軟なコラーゲン繊維と伸縮性に優れた弾性繊維からなり、一定の圧力で形を変えることができるので、筋膜が健康な状態であれば、様々な動きにフィットするボディスーツとなります。柔軟性や伸縮性に富んだ筋膜によって、様々な動きの中で内臓や血管といった体の構成要素を定位置にキープすることができるのです。

体の痛みや不調と筋膜の関係

筋膜は様々な圧力に柔軟に対応しますが、猫背や足を組むといった日頃のクセや怪我、ストレスなど、様々な原因で過度にひねられて縮みが発生します。そうするとコラーゲン繊維が癒着して弾性繊維の伸縮性が奪われ、ひとつながりの筋膜に「引っ張り」が起きます。これが、定位置にあった内臓が下垂してお腹がポッコリと出る、姿勢に影響する、悪い姿勢から肩こりや腰痛が起こるなど、体のあらゆる痛みや不調を招きます。筋膜のボディスーツはひとつながりなので、縮みや引っ張りが起きた場所に何かしらの影響が出る他、縮みや引っ張りが起きている場所から遠く離れた場所にも影響してしまうのです。

体の痛みや不調があれば、筋膜の縮みや引っ張りが原因となっていることも考えられます。沖縄市胡屋にある当院では、一般的な整体施術の他、インナーコア整体や筋膜矯正といった専門的な施術メニューも用意しております。それぞれの状態をヒアリングし、お一人お一人にあった施術を行います。体の痛みや不調がある方、スポーツなどで定期的に体のメンテナンスをしたい方は、ぜひご相談ください。沖縄市胡屋にお住まいの方はもちろん、周辺エリアからも多くの方のお越しをお待ちしております。